スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)

 いや、とにかく春の吉野山はすごかった。人、人、人の花ざかり。実は桜の時期に吉野に行ったのは初めてで、これまでは、花見客のピークが過ぎ山もすでに葉桜になったゴールデンウイークに何度か温泉に行ったことがあるくらいだったの。世界でも「花見」の慣習があるのは日本人くらいだそうだが(花を見て宴会するという話は確かにあまり聞かない)、不況で近場レジャーに繰り出す人が多いことを実感してしまった。

 ■列車の予約は早めが肝心

 まず、近鉄電車の特急の予約が取れない。午前中に大阪を出てお昼ごろに着く列車がすでに一杯なのである(橿原神宮前から吉野まで)。こういうときは、各停でもいいからのんびり行こう、と割り切っていくことをおすすめする。翌日午後に帰る予定で吉野発の列車の予約は10日以上前に予約したけれど、すでに「残りわずか」となっていた。

 ■シロヤマザクラ

 さて、吉野の桜の美しさは新聞、テレビでもご覧のとおり。地元のたゆまぬ努力のおかげでもあろう、一目千本といわれるとおり、上から下から、山全体をながめるときに感動する。

 吉野駅を降りたあたりではソメイヨシノも多いけれど、中千本、上千本と上にあがっていくと、とにかくきれいなのがシロヤマザクラ。小さくて清楚で、なにより赤い若葉と白い花が同時に出ているのが美しい。花だけが先に咲いて、1本の木に花が鈴なりになるソメイヨシノばかりが褒めそやされるけれど、あでやかなピンクのシダレザクラや、華やかな八重桜(白もピンクもきれい)の色っぽさは捨てがたいとおもう。

 すでに吉野の桜も終盤だが、奈良の県花となっている奈良八重桜はこれからが見ごろ。奈良公園などでも見ることができる。

 ■西行という人

 知るほどにおもしろい人物で、ある意味でつかみどころがない。漂泊の歌人の印象が強いけれど、まったくの世捨て人というわけではなく、平清盛と同い年で北面の武士としてともに知己だったことも今回知った。両極端ともいえるその後の人生を考えると、歴史の不思議さを思わずにはいられない。

 ところで、後世に伝説化した人物だけに「伝西行」といわれる書があまりに多いことでも知られるが(ほとんどが後世のもの)、いま、京都で開かれている「冷泉家 王朝の和歌守展」(京都文化博物館)に、かなり信憑(しんぴょう)性の高い「伝西行筆」の資料が展示されている。重要文化財の「曾丹集(そたんしゅう)」(平安時代後期)で、冷泉家の祖、藤原俊成・定家父子が西行と親しかったことから残されていたようだ。巻末に「のりきよがふで」と書かれたメモが張られ、のりきよとは西行の俗名、佐藤義清のこと。ただし、数人の筆跡とみられるため、どの部分が西行なのかは断定できないという。それでも、なかなかお目にかかれない「西行筆」をとっくりと眺められる機会といえそうだ。

【関連記事】
吉野桜に魅入られた西行法師
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
首相「やはり桜は日本」 さくらの女王らが表敬
気象異変?桜長持ち 6地点で最長、寒気と暖気せめぎ合い
造幣局で桜の通り抜け 春本番、127種類の「花の回廊」
外国人地方参政権問題に一石

<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
<仙谷担当相>「介護福祉士試験を柔軟に」認識示す(毎日新聞)
<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)
路上強盗・ひったくり連続4件 大阪でバイク2人組(産経新聞)
羊放牧 春満喫、一斉に駆けっこ 岩手・小岩井農場(毎日新聞)

【私も言いたい】「郵政改革案」 「民業圧迫だ」7割に(産経新聞)

 今回のテーマ「郵政改革案」について、13日までに1502人(男性1275人、女性227人)から回答がありました。「民業圧迫だと思う」と「郵貯、簡保の限度額引き上げはやめるべき」はそれぞれ7割を超え、「正社員を10万人増やすべき」は約1割にとどまりました。

 (1)民業圧迫だと思うか

 YES→78%、NO→22%

 (2)郵貯、簡保の限度額引き上げはやめるべきか

 YES→76%、NO→24%

 (3)正社員を10万人増やすべきか

 YES→17%、NO→83%

 ◯改悪からの軌道修正

 広島・男性自営業(46)「限度額を引き上げることで、正社員としての雇用が確保できることは非常によいことだと思う。政府には、内需を喚起できるような仕組みの構築をお願いしたい」

 神奈川・男性自営業(65)「改悪から軌道修正した法案であり、特に地方の田舎で今後ユニバーサルサービスが受けられるのはよいことだ」

 大阪・男性自営業(33)「上限を上げてもいいが、優遇されている点はすべて排除すべきだ」

 福井・男性団体職員(51)「限度額は上げるも下げるもほかの金融機関と同じであればよい。生保の上限額も同様」

 北海道・男性自営業(68)「貯金限度額は1000万円、保険も1000万円なら亀井提案に賛成だ。2000万円ゆえに民業が圧迫される」

 大分・男性会社員(60)「郵政改革そのものについては賛成だが、今回は改革の後戻り」

 神奈川・男性教師(74)「特に民業圧迫には影響ないと思う。銀行は、あれだけの負債を短期に返済するほどの利益を出した実績がある。雇用の安定とサービスの向上に正社員は仕事への意欲を増すと思う」

 ●亀井大臣の私怨だ

 東京・男性会社員(59)「郵政票を念頭に置いた露骨な参院選対策に憤りを覚える」

 三重・男性会社員(62)「郵政改革案は“改悪案”。郵貯、簡保は、民間と同じ土俵で競争すべきだ」

 福岡・男性教師(49)「限度額引き上げの前に、郵貯・簡保資金が民間に回るようなルートをまず確立すべきだ」

 埼玉・男性会社員(44)「将来構想や財源なき無責任な方針転換は、政府としてあるまじき対応だ」

 北海道・女性会社員(39)「なぜ限度額を上げる必要があるのか。上げた後の資産運用方法は。周りへの影響は。十分な調査も話し合いもないまま即断即決したのが気に入らない」

 富山・男性会社員(63)「総選挙をして決めた郵政民営化案が、少数政党の意見に振り回され、ろくな議論もしないで覆されるのは、民意に沿っていない。亀井大臣の私怨が国政に持ち込まれ、たやすく民主党が受諾したことに全く理念が感じられない」

 石川・男性無職(65)「鳩山政権は一体何をしているのか。国営化に抗議し、(私は)郵便貯金を全額払い戻した。民主政権が崩壊したら再び郵便貯金をしたい」

 【郵政改革案】 ゆうちょ銀行の預入限度額を1000万円から2000万円、かんぽ生命保険は1300万円から2500万円に引き上げる。増大するとみられる郵便貯金や簡易保険の“郵政マネー”の運用は、国債に依存せず、基金を新設して地域活性化に活用する方針だが、無駄な事業の温床と指摘された“悪名高い”財政投融資の復活を懸念する声も根強い。

 さらに、政府の間接出資は事実上の「政府保証」となるため、安心を求める民間からの資金が流入することが予想され、民業を圧迫することは避けられないとみられる。

【関連記事】
“集票マシン”だ!亀井氏、2000万円で100万票ゲット
亀井氏「山崎氏にお願いしていない」 毎日新聞報道を否定
郵政改革法案 「日本経済がけっぷち」元総裁が批判
郵政改革 かんぽ参入に生保各社が危機感
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判
外国人地方参政権問題に一石

INAXの中傷文書送付=ブローカー、容疑で逮捕-三重県警(時事通信)
<水木しげるロード>隠岐に“延伸” 妖怪力増強、ブロンズ像9体 観光客「海越え」期待(毎日新聞)
家族3人殺害、夫を再逮捕=妻と義母、ハンマーで殴打か-宮崎県警(時事通信)
大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)
営業停止中にまた食中毒 大阪府警が会席料理店を告発(産経新聞)

高速道上限制 負担減?増? 評価も不満も(河北新報)

 高速道路の新しい料金制度が9日発表された。距離や時間帯などによって値上げと値下げに分かれる内容で、東北の関係業界や一般ドライバーの受け止め方も評価と不満が交錯した。公共交通機関は平日の割引拡大に反発する一方、運送業界や観光地はコスト低減や集客増に期待を寄せる。ドライバーには新制度を歓迎する向きが多いが、ころころ変わる制度への恨み節も漏れた。

◎業界/「打撃」→平日客流れる/「歓迎」→経費軽減

 自動料金収受システム(ETC)搭載車を対象にした「休日上限1000円」の割引で高速バス事業が打撃を受けたバス業界。「新料金制度でますます逆風が強まる」と宮城交通(仙台市)の幹部は頭を抱える。
 最も警戒するのが「普通車2000円」など平日を含めた上限料金の導入。幹部は「企業は費用削減に必死。平日のビジネス客が自動車に流れる可能性が高い」とみる。
 休日は1000円の値上がりとなるが、仙台―苫小牧、名古屋を運航する太平洋フェリー(名古屋市)の東北支店は「フェリーに客が戻る可能性はほとんどない」と厳しい見方。JR東日本仙台支社も「交通事業者の意見を十分聞かないまま方針が示され、極めて残念だ」と不満を隠さない。
 「中型・大型車5000円」「特大車1万円」の上限設定は、長距離トラックを走らせる運送会社などが影響を受ける。
 「八戸から東京まで直行する場合などは現状より得になりそう」と三八五交通(八戸市)。ただ、実際は荷物の積み降ろしのため高速道を下りることもあり、「下りる回数や時間帯によってコスト増になる可能性も」と冷静に分析する。
 商業、観光などの集客施設の期待は大きい。週末は県外客が4割を超える仙台市の「仙台泉・プレミアムアウトレット」は「週末中心だった集客では今後、平日の増加が期待できる」と見通す。
 「遠方からの集客にはプラスだが、近隣の観光客にはメリットが薄く、評価は難しい」と言うのは十和田八幡平観光物産協会(鹿角市)。「新制度に対応した新しい観光戦略を検討したい」と前向きにとらえた。

◎一般/「期待」→エコカー購入/「提言」→雇用が先

 平日の割引拡大などで一般ドライバーは新料金制度の恩恵を受けるとみられるが、ETC利用のメリットが薄れるなどマイナス面もある。
 東京都の自営業後藤猛さん(72)は9日、結婚式出席のため高速道で仙台市を訪れた。「1年前、売り切れが続出したETCを数カ月待って取り付けたのに」と新制度に納得がいかない様子だ。
 一方で平日の長距離利用は割安になり、「エコカー割引」も導入され、宮城県亘理町の会社員菊地明博さん(61)は「6月に定年を迎えるので、軽自動車かエコカーを購入して平日に遠出したい」と声を弾ませた。
 山形県では新制度の下、東北中央道などで無料化実験も行われる。山形市の主婦(35)は、週末は値上がりになることもあり得る制度変更に苦言を呈しながらも「実験で通行量は増えそう。山形の活性化につながればいい」と期待も抱く。
 昨年の衆院選で民主党はマニフェスト(政権公約)に「高速道無料化」を盛り込んでいた。新制度に否定的なドライバーからは、有権者としての怒りものぞく。
 「裏切られた気分」と一関市で飲食店を経営する千葉寿さん(49)。「利用者の負担増で見込まれる増収分は道路整備などに充てる方針のようだが、これでは『人からコンクリートへ』だ」と憤る。
 「高速道の整備には金がかかる。利用者負担の面からも上限制でなく、ある程度は走行距離に見合った料金体系にした方がいい」と問題提起するのは福島市の無職飯田公雄さん(63)。山形市の会社員大沼広義さん(60)は「高速料金より中小企業への支援や雇用対策が先だ」と政策の優先順位に注文を付けた。


水道管25トン盗まれる=45万円相当、資材置き場から-神戸市(時事通信)
四国こんぴら歌舞伎が開幕(産経新聞)
社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)
<生命の起源>アミノ酸は宇宙空間から 国立天文台など発表(毎日新聞)
<掘り出しニュース>地域通貨に「龍馬」 静岡・下田(毎日新聞)

<訃報>西河克己さん91歳 「青い山脈」など監督(毎日新聞)

 吉永小百合さんや山口百恵さん主演の青春・文芸作品を手掛けた映画監督の西河克己(にしかわ・かつみ)さんが6日午前4時40分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。91歳。葬儀は近親者で済ませた。しのぶ会を後日開く。喪主は長女ゆあみさん。

 1939年、松竹大船撮影所に入社。第二次大戦中は召集されて東南アジアなどを転戦し、46年に復員して松竹に復職。52年、「伊豆の艶歌師」で監督デビューした。

 54年、日活へ移り、69年まで在籍。石原裕次郎さん主演の「若い人」、吉永さん主演の「青い山脈」など、数多くの青春映画をヒットさせ、日活の一時代を築いた。

 70年代は山口さんと三浦友和さんが共演した「伊豆の踊子」「絶唱」などの文芸作品を手掛け、“百恵ブーム”のけん引役となった。92年には栗良平の短編小説を映画化した「一杯のかけそば」を監督。01年、出身地の鳥取県智頭町に西河克己映画記念館がオープンした。

読めますか?悩ましい古墳の名前(産経新聞)
セクハラ相談員がセクハラ!酔ってキス強要(スポーツ報知)
有事の核持ち込みで質問状=佐世保市長(時事通信)
<核安保サミット>幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?(毎日新聞)
北沢防衛相が仲井真沖縄知事と会談=普天間移設めぐり(時事通信)

ありがたみアップ?給与明細に「お褒めの声」(読売新聞)

 景気低迷の影響でサラリーマンの給与も減る中、顧客や利用者の「お褒めの声」を給与明細に掲載し、社員に読んでもらおうという取り組みが広がっている。

 企業に対する「プラス評価」を従業員にも伝え、仕事への意欲や自主性を高めてもらおうというのが本来の狙いだが、従業員の働きぶりを家族に知らせることで、家庭の円満にも一役買っているようだ。

 「1か月、ご苦労様でした」。全日空の羽田空港の格納庫で機体整備の仕事をしている小滝智也さん(47)は給料日、家に帰ると、妻の小織さん(49)に必ず給与明細を手渡して、こう声をかけてもらっている。昨年4月に電子明細に切り替わってからも、その日のうちに印字して手渡すという“儀式”は同じように続く。表紙に印刷されている「お客さまからの声」を小織さんが楽しみに待っているからだ。

 小織さんが特に印象に残っているのは、今年1月の明細にあった「不況で大変でしょうが、力を合わせて乗り越えて」という利用者の励ましの言葉。同社は昨年12月、機首から尾翼にかけて延びる青いラインが、モヒカン刈りに見える「モヒカンジェット」を20年ぶりに一部路線で復活させた。この利用者は「小学生の時、初めて乗った飛行機がモヒカンジェットだったのを鮮明に覚えています」と思い出をつづっていた。

 小織さんも職場結婚をして1997年に退社するまで約15年間、同社に勤務していただけに懐かしく、「こういう声を読むと家族もサポートしようという気持ちになります」と語る。

 同社は2004年10月から、この取り組みを始めた。

 同じ年の夏の甲子園で優勝した駒大苫小牧のナインが、地元に帰るため全日空機を利用した時、機内で「ただ今、深紅の大優勝旗も皆様とともに津軽海峡を越え、北海道の空域に入ります」というアナウンスがあった。これを聞いた乗客の感激の声が、給与明細に掲載された第1号になった。

 「マニュアル外のサービスを奨励するのか」。社内の一部からは戸惑いの声が上がったものの、数か月もたつと、各職場からエピソードの“売り込み”が続くようになった。「“褒める文化”を定着させたことで、サービスの現場で『こういうことをやってもいいのか』と自主的に考える社員が増えるようになりました」。同社の担当者はそう語る。

 今でも乗客から寄せられる声はクレームの方が多いが、07年4月の時点で全体の6割だったクレームが、09年3月には4割にまで減るなど成果も表れている。

 全日空の試みを知ったスーパー大手のイオンも、06年2月から給与明細の表紙に買い物客などから寄せられた声を掲載し、約7万6200人の社員が目にしているほか、一部の鉄道会社でも取り入れている。

原爆症申請却下を取り消し=長崎入市の女性-高松地裁(時事通信)
首相動静(3月30日)(時事通信)
<訃報>松谷浩一さん76歳=元ユニチカ専務(毎日新聞)
【選抜高校野球】帝京 快音なし4強逃す(産経新聞)
公明・神崎元代表が辞職表明(産経新聞)
プロフィール

ふるかわまさひろ

Author:ふるかわまさひろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。